04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

家が欲しい 4

2010/05/24
いったいいつまで続くのかこのシリーズ…
( ̄◇ ̄;)エッいつの間にかシリーズ化?…っていうツッコミは置いておいて、

過去記事「家が欲しい1~3」の続きです。
サクサク続けましょう。

先は長いです(長いんかい?)


同じコーポの住民である「ベンツ様」に目を付けられてしまったが故、ベンツ様の行動を常に気にしながら生活するという、まるでストーカーの様な私の生活の始まりです。

まぁ…つまり駐車場での鉢合わせを避けるためとか、ベンツ様がお家にいらっしゃる時間・特に就寝されていると思われる午前中などはなるべく外出するなどという生活がしばらく続きました(-_-;)


しかしその頃の季節は夏真っ盛り、さすがに毎日小さな子供をつれて外出するのも無理がありますので、ベンツ様がご自宅に居るときはひたすら部屋を閉め切ってクーラー生活でした。


先日の事件(?)以来、旦那サンから引越しの許可が下りたのでとっとと次の家を見つけて引越ししたかったのですが、小さな子供をつれての真夏の不動産めぐりは正直地獄を見ると思ったので、結局涼しくなる秋口まで我慢するという事になりました。

そして何とか夏を耐えしのぎ、涼しくなり始めた9月の末ごろからネットや不動産屋を通して賃貸物件を探し始めました。
旦那サンは仕事があるので物件さがしがあるので私の担当です ムカッ( ̄∩ ̄#
彼は最終的に良いか悪いかの判断だけです(いつもそう)


まだまだ今の家に住む予定だった私達には予想外の引越しとなる訳で、できれば今住んでいるコーポの学区がとっても良いので今の家の近くという条件で探すことにしました。


しかし、旦那サンは今の家賃より上げたくないと言い張ります(-_-;)

私はせっかくなので、小学校に上がったら娘の部屋も必要になってくるだろうからと3LDKの物件を希望しました。

ちなみに今住んでいる学区は名古屋の中心地からもアクセスが良く、環境も良い地域なのでとても人気のある学区で不動産自体が高めの地域です。

できればこの近所で探したい( ̄∇ ̄+)


しかし旦那サンが出してきた家賃は今のところよりも3000円だけアップした破格の額Σ( ̄Д ̄;)

そんな金額じゃ3LDKの家なんて相当古いのしか見つからないってー( ̄∩ ̄#

しかも今住んでいる物件より古いところは嫌って言うし…(当時築11年)



仕方が無いので今の土地はあきらめ、名古屋市内は止めてお隣の日進市で探すことに…(-_-;)

何とか旦那サンの条件を満たす家を一生懸命探し出し、旦那チェックも入れてもらい、いざ契約へ…って所で、旦那サンから「待った!」がかかりました。


旦那サンを無視して勝手に契約する訳にはいかないので、契約をちょっと待ってもらうことにして、一週間だけ考えさせて欲しいと不動産屋に伝えました。
不動産屋からは「他に流れちゃっても仕方ないですよ~」とは言われちゃったけど。


旦那サンの待ったの理由は敷金礼金の高さが気になってたみたい。

敷金と礼金を合わせて50諭吉オーバーで、あと不動産屋への手数料プラス3か月分の家賃先払いや、今住んでいる家のクロス張替えや、クリーニング、新居にあわせたカーテンや足りない部屋の照明器具や家具の買い足し、引越し費用などを入れるとかるく100諭吉くらいは見ておかないといけないとの事。


えー、賃貸引越しで100諭吉?Σ( ̄Д ̄;)


なんだか今まで『いつかはマイホーム』の為に貯めたその100諭吉を、わざわざベンツ様から離れる為だけにあせって引越しで使うのは勿体無く感じてしまいました。


でもどーするよ?


ベンツ様、かなりお怒りだしお金大好きっぽいから、そのうち

「安眠妨害でノイローゼになった」とか言い出して

慰謝料を訴えてきてもおかしくない状況


だし…(-_-;)


でもそんな納得いかない出費はしたくない。
この貯金は夢を実現するためと、我が家の幸せを持続する為の大事な資金。
100諭吉もあったらそれにもう少し諭吉を足して、マイホームのりっぱな頭金として使えそう。


「家…買う?」


私が言ったのか、旦那サンが言ったのかは覚えていないけど、この頃から家を買う方向に流れ始めたのでした。
そして私たちの本当の意味での「家が欲しい」が始まったのです。





ふう…今日も長かった~(^_^;)
とりあえず家が欲しいシリーズは今回で終わりかな?
あんまりこんな話で引っ張っても仕方ないので(* ̄▽ ̄)ノ

次回からはそろそろ新章(←え?まだやるの?)に移るかも。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
17:42 きっかけ | コメント(0) | トラックバック(0)

家が欲しい 3

2010/05/20
今日もまたまた話題(?)の「家が欲しい1・2」の続きです(^_^;)
まぁ、よくこの話題でぴっぱるわぁ~と自分でも思っていますが、もう少しお付き合いくださいね。
案の定、今回も長文です…(-_-;)

長文が苦手な方はそのままスルーでお願いします(/・ω・)/




さてさて昨日は同じコーポの住民さん(特にベンツ様)の話をしましたが、私が今の所からの引越しを願ったのは隣人トラブルってヤツでした。

ええ、ええ、ベンツ様です( ̄Д ̄;)
ワタクシ、ある事をきっかけにベンツ様に目を付けられて野次られの対象にされてしまいましたorz



去年の初夏の事です。

私の住んでいるコーポはとにかく夏は暑いんです。(>_<;)
風通しも悪いし・・・

でも、まだクーラーをかける程ではないって暑さの時って窓をあけますよね?

事件はうちのベランダで起こりました( ̄д ̄;) 



当時、1歳だった娘がベランダ付近で遊んでいました。
その時私はベランダで洗濯物を干していたんです。
時間は午前10時頃。(いつもこの時間は家事タイム)

ベランダに居る私に気が付いた娘はベランダに出てこようとして網戸を開けようとしたのですが、網戸とサッシの間には突っ張り棒がしてあって、娘が網戸を空けられない様に細工がしてあったんです(-_-;)

網戸が開かない事にカンシャクを起こしてベランダ先で泣き出す娘 ( p_q)

「駄目駄目!ベランダに出ちゃ危ないからお部屋にいなさい!」と娘に言う私。

怒って網戸をバンバンたたき出す娘

「(`□´)コラッ!たたいちゃ駄目」と、娘とのやり取りが続きました。

時間にして2,3分の出来事だったと思います。

すると階下の窓がガラッと開き、



「ゴルアァァァ!!朝からうるさいんじゃぁぁ!!」



ベンツ様のご登場ですΣ( ̄Д ̄;)


とりあえず「すいません(T▽T;)」と必死でお詫びしましたが、夜型生活からご帰宅されたばかりのベンツ様はたいそうご機嫌ナナメですorz

「朝っぱらから騒ぐなッ!!

窓ぐらいしめとけッ!!窓ッ!!

迷惑なんじゃぁッ(▼⊿▼)凸」



もうベンツ様は怒りが頂点って感じ?(-_-;)



「朝、帰ってきて眠いのは分かりますけどもう10時だし、昼型の人も居るんだし、もうちょっと他に言い方あるんじゃないですか?

そもそも、オタクに出入りされてる女性の方との深夜の痴話喧嘩の時のどなり声の方が、ウチの娘の泣き声よりよっぽどうるさいと思うんですけど。ああん?」


…って思ったけど言えなかった(T▽T;)(@小心者)


それ以来、娘が泣く度に怒りをアッピールしてくるベンツ様…。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

直接階下から怒鳴られるのは数回にとどまりましたが、その代わり「俺様怒ってるんだぞ状態」を態度で示されます。

娘が泣く度に勢い良く窓が開き、コーポの前のフェンスに窓から物(空ペットボトルや灰皿など)をぶつけて怒りMAX度合いをアッピールしてくださったりしてくれます…(;_q))クスン

旦那サンに相談もしましたが、昼間会社に言っている旦那サンはベンツ様の怒り具合を知らないので、「泣くのは今だけだよ~。そんなんならお嬢が泣いたら窓閉めればいいじゃん?」と軽くスルー…orz



でも、ある日駐車場でベンツ様に運悪く会った時に言われました。



「何で同じ家賃払っとる俺が

毎回毎回我慢せにゃアカンのや?ああん?

たいがいにしとけよ」




もう、ベンツ様が怖すぎて泣きそうになりました; ̄ロ ̄)


ちょうど私と娘が家を出るところで、ベンツ様が駐車場にご帰宅されたばかりの所でした。
ご帰宅前に嫌な事があったんでしょうかねぇ??
半ば八つ当たりされた様な気もしないんですが。

同じ家賃というならウチだって同じ条件のはず。
なのに何故ベンツ様ににそこまで怒鳴られないといけないの?

小さい子供のことだからと言って仕方ないと片付ける気は無いけど、
ウチだってアレ以来、子供が泣いたら窓も閉めてるし、
長時間泣かさないように抱っこしたりあやしたりして努力してる。

そんな言われ方は恐喝じゃないの?


・・・って思ったけどやっぱり言えずorz



その日の夜、泣いて旦那さんに訴えました。

「もう我慢できない。引越ししたい!」 と。

さすがにそれには主人もびっくりした様子でした。
そして私の気持ちを察してくれた旦那サンはようやく「引越しするか?」と言ってくれました。



またまた次回に続きます。
引っ張りすぎでゴメンナサイ(。-人-。)


ああ、また長い文章・・・(^_^;)

もう少しお付き合いくださいね


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村
17:24 きっかけ | コメント(3) | トラックバック(0)

家がほしい 2

2010/05/14
先日の記事「家が欲しい1」の続きとなります。
多分また長々とした文章になるので、興味ナッシングの方はそのままスルーの方向で(^_^;)

すいません・・・今日は長いデス( ̄▽ ̄;)
長文オッケーの方のみお進みください。





今まで大きな不便を感じていなかった賃貸暮らしに突如襲ってきた不幸(?)な出来事。
忘れもしない去年の初夏の話です。




・・・が、詳しい話に突入する前に、先に私の家のロケーションをご紹介いたします。
コレを伝えておかないと私が嫌がる理由が伝わりにくいと思うので・・・(x_x;)


私の住んでいるコーポは6世帯の家族が住んでおり、そのうち2世帯は独身者の方が住んでいました。
このコーポは1階3部屋・2階3部屋の作りで、私の住んでいる部屋は2階の角部屋です。

ちなみに2階に住んでいる住民はみんなご家族をお持ちの方ばかりで、3世帯とも比較的友好な関係です。
顔を見たら挨拶をしたり、玄関先で普通に立ち話したり・・・っていう間柄。

そして1階は2世帯が独身者(男性)で、残る1世帯も若いカップルが一緒に住んでいる感じです。
1階の住民さんとはほとんど交流は無く、入り口ですれ違う時に時折挨拶するだけですが、大抵無視される事が多いのでいつの間にかお互い挨拶すらしなくなりました。


別に挨拶しないくらいは全然問題ないのでかまわないのですが、この1階住民の一人がちょっと怖いタイプの方でして、うちのコーポの住民はこの方との交流を何気に避けています(-_-;)


この方、我が家ではベンツ様と呼ばれております。(ベンツに乗ってるから)
お部屋は1階の真ん中なので我が家の斜め下という位置づけです。


そしてこの方、朝夕逆転な生活をされているんです。
昼間はほとんど家にいらっしゃいます。夕方出かけ、朝帰って来るという生活スタイル。
年齢的には40代後半~50代前半って感じでしょうか?
毎日女性の方の出入りがあります。(奥様ではないでしょう)
愛車は数千万クラスの真っ白で豪華なベンツ。
うちみたいな庶民的な安コーポに何でこんな立派なベンツが止まっているのか不思議に見える光景です(^_^;)

一番不思議なのは家賃10万円にも満たない安コーポにわざわざ個人でセコムを入れている事と、ベランダに防犯カメラが設置されている事。

私の個人的な意見では普通の賃貸アパートにそんな金をかけるなら、もっとセキュリティのしっかりしたマンションの高層階とかに引っ越した方が安心だと思うんですけどね・・・(^_^;)


それだけでも何気に怪しい雰囲気を感じ取っていただけると思いますが、なによりもベンツ様は

『同じ家賃を払っているのに自分が損をする』

のをとても嫌っていらっしゃるご様子。



たとえばコーポの駐車場に一台空きがあるとします。
そこに知らない車が時々止まっていたとします。



ただそれだけの事が気に入らないんですよ・・・(-_-;)


理由は

『俺はちゃんと駐車代を払ってここに止めてるんだ!!ここに止めたいなら金払ってから止めろ!!』

・・・って感じの人。

いや・・・これ実話でして、私とベンツ様の間の空き駐車場に車を止めてた人がいて、たまたま駐車場で会った私が言われたんです(ノ_・、)

『おまえんところの車かぁぁぁ??』と言われ「違います」と答えたにもかかわらず、ほぼ上記の台詞を私が言われました(-_-;)

知らない人の車だと言い続けたら最後に言われたのは『車の持ち主にそう言っとけ!!』と、まぁ命令系で言い放たれましたわぁ・・・


「そんな事言われても知るかい!( ̄へ  ̄ 凸」  が、正直な私の本音。


ちなみにこのベンツ様はコーポの大家さんでも管理人さんでも何でも無く、ただの住民です。

大家さんに相談しようかと思ったのですが、旦那サンに相談した結果、変に逆恨みされても嫌だし、あまり関りを持たない方が良いと思ってそのままスルーする事になりました。

・・・でも、この頃はまだ良かったんですよ(>_<")



この後、私はある事をきっかけにこのベンツ様の集中攻撃を浴びる事になるんです。





ああ、また長い話になってしまった・・・
とりあえず次回に続きます<( ̄∇ ̄)ゞ


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ
にほんブログ村

15:50 きっかけ | コメント(2) | トラックバック(0)

家がほしい 1

2010/04/30
最初のきっかけは、今住んでるコーポの住人トラブルから始まりました
家作りのレポートにはあまり必要ない内容かもしれないけど、やっぱり自分的には順を追って書いておきたいって思ったので・・・
「そんなの興味ねーよ」って方は軽くスルーしてください



今住んでいる所は6世帯が集うコーポっていう感じの建物で、ごくごく一般的な軽量鉄骨でできた建物。

図面の名目上は広さは2LDKって設定だけど、実際はリビングなんて立派なものはなく単なるダイニングキッチン。
それに和室の6畳と洋室6畳が付いているよくある間取りのお部屋です。
2LDKなら小さな子供との3人暮らしなら全然余裕じゃ~んって思われそうだけど、私の中では9.5畳なんて広さは決してLDKではなく、ちょっと広めのDKって分類です。


ここは旦那サンが独身時代から住んでいるコーポです。
そこにそのまま私がやってきた感じ。
結婚を期にもう少し広い所に引っ越そうかと言う話もでましたが、夫婦二人なら十分だったし、子供が小さい間はそんなに部屋数も必要ないだろうからとなんとなくそのまま引っ越さず住み続けてしまいました。(引越しが面倒だったんだもん


でも小さいながらも特にそんな大きな不満はありませんでした。
子供が小学校に上がる頃には絶対手狭になるのが分かっていたので、数年でもう少し広い賃貸へ引っ越すと思っていたから。

多分、その時その時の必要性にあわせた住居を探すと思っていたので、広さだけを求めて中途半端な時期に引っ越すのも嫌だったし、無駄な引越し代も勿体無いしそれまでの辛抱だと思って、多少の不便は見て見ぬフリしてました。


それに目の前は公園だし、近くにコンビニやスーパー、薬局、病院なども充実していて便利だったので子供が小さい間は便利な立地条件というのは魅力の一つでした。

自宅は主要地下鉄から少し離れた場所なのですが、近くにバスが何本も通ってて、名古屋駅まで高速バス一本ですぐに出られるというのも出張の多い旦那サンにはとっても便利だった様でした。(私は名古屋在住者です)


とりあえず部屋が多少狭くても引越しを願うほど大きな不満は無かったのですが、ある日突然、私は心の底から引越しを願う事態と遭遇するのでした。



・・・長くなりそうなので次回へ(とりあえず引っ張っておく)



今回、やっぱり建築ブログを始めるなら・・・と言う事でブログ村の住まいカテに参加してみました★
こういう所はちゃっかりミーハーな私

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
15:49 きっかけ | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。