10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ひさびさのWEB内覧会 脱衣洗面室

2011/06/15
5月から就活を行ってきましたが、無事お仕事が決まり約4年ぶりに社会復帰いたしました。

一時期本当に(歳が歳だけに)仕事が見つかるかとか、ちゃんと現場復帰できるかとか悩んだりしましたが、何とかなりました(^_^)

娘が小さい間はパート勤務で働くので大きな収入は期待できませんが、娘の保育園代と、庭の造園費や新しい家具や小物を買い足すくらいの貯蓄くらいは何とか貯まりそうです♪






・・・で、今回は久々の内覧会。

「え?まだ終わってなかったの?」って言う人や「もー興味なーい」とか「はよやれや!」とかゲストさんの反応は様々かと思いますが、とにかくこちらはジャイアンブログなのでワタクシのその時の気分と独断で進めます(^_^;)


1階はもう終わったと思っていたら終わっていなかったのが3箇所ありました。
要するに脱衣洗面室とお風呂・トイレの3箇所。

自分の生理的に普段使用しているお風呂とトイレを公開するのはどうしても嫌悪感を感じてしまうのでこちらはWEB内覧会はいたしません。
気が向いたらトイレの壁紙くらいはお見せするかもしれませんが。

お風呂は以前の記事で工事中の画像があるのでそちらを参考にしておいてください。
あまり面白みの無いものですけど(^_^;)



と言う事で今回の場所は洗面脱衣室。

洗面脱衣1
広さは一坪なので大きくはありません。

洗面脱衣2
洗面台と洗濯機を置いたらいっぱいいっぱいというくらいのスペース。
我が家の間取りではこの大きさが精一杯でした(-_-;)

狭すぎてうまく写真に収まってくれません。
雰囲気だけでも伝わるかな?

洗面台
洗面台はビルダーの標準品でパナソニックのシーライン。
使い勝手はまぁまぁ良いです。
シンクや排水口の掃除もしやすいし、シンプルさが気に入ってます。

蛇口
一応蛇口は伸びるタイプの物ですが、洗面台の掃除以外は殆ど使った事がありません。
でも娘が大きくなったら使うかな?
蛇口は口元の黒いレバーでシャワーとストレート給水が選べるタイプ。

洗面脱衣3
洗面脱衣室に入ってすぐ右が浴室への入り口。


狭いスペースですが大人が一人で使用するには十分です。
娘と二人だとちょっと狭い。
大人二人が並ぶと窮屈・・・って感じです。

我が家は洗面台と洗濯機しか置いてないのでこの広さで足りていますが、ここに整理棚とか置こうと思うとやっぱり3畳くらいある方が良いと思います。



ちなみに狭いながらも作りつけのリネン庫があります。

リネン1
廊下との扉を開けてあると見えないのですが・・・

リネン2
扉を閉めるとリネン庫が出てきます(^▽^;)
上手く写真に入らなかったので洗濯機の上の窓の外から手を伸ばして撮影。
手前の白い台は洗濯機。

リネン庫は天井から床まで使え、中にはダボレール棚をつけてもらってます。
広さは0.25畳。

かなり無理を言って作ってもらったスペースなのでわずかな広さですがなかなかの収納力で、家族全員の下着やパジャマ、タオルから洗剤や掃除道具まで収納してあります。

このスペースは我が家の作って良かったものの一つ。


ホスクリーン1
天井にはお約束のホスクリーン

ホスクリーン2
設置したところ。

でもここのホスクリーンは旦那サンに不評で(余計狭く感じるらしい)あまり出番はありません(^_^;)
2階にもホスクリーンが付いているので殆どはそちらを使用。


本当に普通スペックの洗面脱衣室です。
唯一の成功ポイントは無理して作ったリネン庫でしょうか?
リネン庫が有るのと無いのとでは同じ一坪でも使い勝手にかなり差が出たような気がします。



我が家の洗面脱衣室はこのような感じ。
かなりブログの更新が空いた割にはお伝えできる事が少なくて申し訳ないですが・・・(汗)

次のWEB内覧会はいつになるか分かりませんが、気長にお付き合いいただけると何よりです(^_^;)



次の更新はいつ~???な方、クリックをポチッと。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
13:05 WEB内覧会 | コメント(10) | トラックバック(0)

WEB内覧会 ファミリークローゼット

2011/04/22
現在まったり更新中です。

娘が保育園に慣れてきたので、本格的に私の就職活動が始まりました。
現在でもかなり日にちが空いた更新となってますが、しばらくはさらに不定期になりそうです。

もっとサクサクとWEB内覧会も進めて欲しいと思っているゲストさんも居らっしゃるかもしれませんが、しばらくはできる範囲内でマイペース更新で進めて行くつもりです。

自分に甘いジャイアンブログなんで・・・ご理解を(^_^;)




さて気を取り直して、今回はファミリークローゼットのご紹介。
このクローゼットも家の計画段階当初から私が強く望んでいたものです。


我が家のファミリークローゼットは1階にあります。
2階の各個室とストレージの中にもクローゼットは作りましたが、毎日の家族の服を管理するメインクローゼットは1階です。

位置的にはこのような配置。
廊下
ドアを開けたキッチンの対面。

写真には写っていませんが、この廊下の先(下の方)はトイレと洗面所に続いています。

位置的にはとても便利な場所です。
我が家の1階は家の中央にキッチンがあり、そこから回遊的に全ての場所に移動できる作りになっています。

位置関係2
キッチンの紹介時にも使った写真ですが分かりやすいかと・・・。
正面に見えるドアがファミリークローゼットのドアです。

こちらの写真ではファミリークローゼットのドアは閉まっていますが、普段は開け放した状態です。
その為にクローゼットのドアは引き戸になってます。
開け放して使う予定のある場所は引き戸だと本当に便利です。
開き戸ドアよりちょっとお値段は高くなりますが、場所とらないしスッキリしててオススメです。

ファミリークローゼットが1階にある件については過去記事でご説明してあるので気になる方はコチラを参照でお願いします(^_^;)


クローゼット1
広さはそんなに広くは無く、床面積的には2.5畳。
ただし、階段の下スペースなので場所によっては天井が低くなってます。

真ん中の見るからに邪魔な仕切りは耐力壁で、建物の強化的にも取り外す事ができませんでした。

あと我が家は基本的に蛍光灯を使用する場合は電球色のランプを多用しているのですが、クローゼットの中に限り昼光色ランプです。
これは黒と紺などの色の区別を分かりやすくするため。
電球色ランプの下だと黒と紺色の見分けが分からなくなった経験がありませんか?
服の色を正確に判断するには昼光色ランプの方が理想的です。

クローゼット2
左側は天高が2.4mですが、中央のスペースは2mくらいしかありません。
右下は無理矢理階段部分のスペースを使えるようにしてもらったので1mちょっと位の高さしかなく、人が立って入る事はできません。

奥行きはこんなもの。
奥行き
荷物を入れる前の写真が撮ってなかったので現在の写真です。
生活臭あふれる画像で失礼します(^_^;)
そのままお見せする勇気が無いので、一応ボカシは入れておきました。

狭いスペースなので上手に写真に収めることができません。
見辛い画像ですがご勘弁を。


使ってみた印象ですが、ちょっと窮屈というのが正直な感想。
ただし階段下じゃなく、天井も全て2.4mとフルに使えていれば十分だったかもしれません。
でもやっぱり3畳あるともっと使い勝手が良いと思います。

・・・でもスペース的には我が家的にはコレが限界(-_-;)(そして現実)

洋服をかけるポールは一箇所しか付いていない(付けられなかった)のですが、旧家から持ち込んだポールハンガーが2台と衣装ケースも幾つか置いてありますのでそれなりの量を収納できています。

現在
お見苦しい画像なので小さめに・・・。

家中の全ての服を収納するのは無理ですが、普段着ている3人分の服やコート、旦那サンのスーツとYシャツを保管する分には問題ない収納量です。
フォーマルウエアなどの通常着ない服やオフシーズンの服は2階の各部屋のクローゼットで管理です。

まぁ、無駄に大きすぎても余計な服や荷物を入れてしまって肝心の目的からズレてしまう使い方になってしまいそうなので、これはこれで良かったのかも。



でも我が家の生活スタイルとしては1階にメインクローゼットを持ってきたのは正解でした。
何度も着替えを取りに2階に上がらなくて済むし、リビングでアイロンをかけた服をそのままクローゼットへ・・・なんてのも楽です。
旦那サンが希望していた『一度1階に下りたら寝るまで2階に上がらなくていい生活』ができてます。
(私は家事があるので全く2階に上がらないというのは無理ですが・・・(^_^;))

特に子供が小さい場合は本当に楽です。
衣服を汚しても直ぐに取りに行けます。

躾にも何気に役立っています。
「着替えを取ってきてね」と言えば3歳の娘でも自分一人で取りに行けます。
外から帰ってきたら、脱いだ服をクローゼットに戻しに行きます(上手くハンガーにかけられなくても、決まった場所に持って行く事が大事なので)


お家を計画中の方で1階にファミリー用のクローゼット作るのをお悩みの方がいらっしゃったら私は強くオススメします^^
小さくてもやっぱりあるととても便利ですよ。



応援ポチ★いただけると次回更新への活力となります。
愛のクリックを是非!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







08:00 WEB内覧会 | コメント(6) | トラックバック(0)

WEB内覧会 パントリーとバックカウンター棚

2011/04/16
キッチンの説明が一通り終わったところで、今回はキッチン後ろのバック棚とパントリーのご紹介です。

位置関係としてはこんな感じ。
パントリー
キッチンの奥にパントリーと、キッチンの真後ろに造作のバック棚を作ってもらってます。

バック棚
カメラに全て収まりきってませんが、こちらはキッチン裏のバック棚と作業カウンターです。

バックカウンターの大きさは巾170cm、奥行き60cm、高さ100cm。
右側の大きく開いている部分には市販のカップボードを置く予定で最初からサイズ指定をして間仕切りをしてもらいました。
左側の棚は2段の固定棚となってます。

コンセントは作業カウンター部分に1箇所と右下のカップボード置き場の所にも炊飯器用としてコンセントつけて貰っています。


今まで住んでいた家に作業用のテーブルや棚が無く、キッチン自体も狭かったので作った料理を置いたり下準備をする場所が無くて不便を感じていました。
なのでこの作り付けのバック棚と作業カウンターは本当に便利です。
かなり横幅も広いので色々な物が置けますが、ダイニングから見た時の景観が生活臭丸出しであまり良くないので基本的には調理中以外は何も置かないようにしています。

夜の調理作業もしやすい様に、壁面にはキッチン壁面に付いているのと同じスポットライトが取り付けてあります。
スポットライト
コイズミ製のキッチンライト。
手元でON・OFFできる物。

コチラを選択したのは単体で点灯点滅ができる事。
スイッチやそれに伴う回線の必要が無く設置費を安く済ます為です(^_^;)
なんせケチセコ照明計画でしたから、こういう所で安く抑えてます。
でもわざわざ歩いてどこかにスイッチを入れに行くなどの動作が無く、その場でワンアクションで済むので便利です。




そしてキッチン奥のパントリーは左右2箇所の壁に棚が設置されています。

我が家の設計において、作って本当に便利だと感じた物のひとつ。
収納命の私が特に望んでいた部分です。
家を作る時に小さくても良いから絶対にパントリーを作ろうと決めていました。

広さは1.25畳。
そのまま隣の廊下に出られるように扉を付けてウォークスルーにしたので収納量は少し落ちてしまいましたが、今の所は物が少ないので十分です。

パントリー右
パントリー右

こちらはリビングやダイニングから見えない棚なので、主に調味料や食料品のストックなどが置かれています。
壁をはさんで隣にIHヒーターがあるので、調理の時に手を伸ばして直ぐに調味料が取れるのはとても便利。

調味料棚の下は分別ゴミ用のゴミ箱スペースになってます。
部屋のどこからも見えない場所なので、この様なあまり見られたくない物も置けちゃうのでとっても重宝してます。

パントリー左
パントリー左

ここはダイニングやキッチンカウンターから良く見える所なので細々した物はあまり置かず、主に家電タワーとして使ってます。
稼動棚の壁の奥に電子レンジ用のコンセントが付いて、現在は真ん中の棚にヘルシオが置かれています。
足元にもコンセントが一箇所付いてます。

それ以外は箱に入った使っていないお皿などの置き場になっているのですが、現在はあまり上手く使いこなせていないスペースとなっています。勿体無い・・・(-_-;)


PCスペースから見た感じ。
位置関係2
洗面所やトイレ、階段に続く廊下を挟んで、ファミリークローゼットの扉が見えてます。
(パントリーの扉を開けた状態で撮影してます)
子供が服を汚したりしてもキッチンから直ぐに洗面所やファミリークローゼットに着替えやタオルを取りにいけるので便利です。
(当然ダイニングからも廊下には出られますよ(^_^;))
我が家のキッチンは位置的にとてもストレスフリーな間取りだと思ってます。


ファミリークローゼット前の廊下からキッチン~PCスペースを見て。
位置関係1
キッチンとPCが近い距離というはとても便利でした。
PCでレシピを見ながらの料理や、ちょっと煮込み料理の合間にネットなど、私のようなPCヘビーユーザーにはありがたい位置関係です。

間取りの計画時に2階に書斎的にPCをスペースを作ろうかとも思ったのですが、1階にして本当に成功だったと思ってます。



3回にわたってキッチンスペースに関する内容をお伝えさせていただきました。
我が家のキッチン周辺はこの様な作りとなってます。
色々悩んで決めたキッチンの間取りですが、私的には使いやすくて大満足な作りとなってます^^



クリックいただけると次回更新への活力となります★
是非、ポチっとな!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

14:43 WEB内覧会 | コメント(5) | トラックバック(0)

WEB内覧会 キッチン その2

2011/04/12
前回のキッチン内覧会の続きです。

主に我が家のキッチン・クリナップKTについての内容となってます。
クリナップKTをご使用でない方にはつまらない内容かもしれませんが、KTの情報をお探しの方に役立てていただきたいので詳しくご紹介させてもらってます。
もうしばらくお付き合い下さいね(^_^;)



今回はIHクッキングヒーターと食洗機です。


HI
TKのカタログから選んだ物で三菱製のクッキングヒーターです。

今までガスグリルしか使った事が無いので他の製品と使い勝手は比べ様が無いのですが、使用に関しては十分満足してます。
ガスにくらべるとフライパンが思うように振れないなどの不便さはあるのですが、これはIHヒーター全般に言えることなのでこの機種だけに関しての問題では無いと思います。

2.5kwですが普通に調理するには火力も十分で、今の所MAXパワーで使ったことはありません。
3kwへの切り替えボタンみたいなのが付いてますが、これも使う事は無いです。

IHは本当にお手入れが楽ですね^^ 
ガス生活から考えるとびっくりです。
上昇気流の出方がガスとは違うみたいで、本当に周囲の壁への油の飛散が少ないです。

ちなみにIHマットは付けていません。
よく焦げ付きを避ける為にIHマットを敷いて使用されている人がいらっしゃるみたいですが、あれって製造メーカーが出している純正の商品はひとつも無いんですよね。
本当に必要ならメーカーがきちんとIHマットとして純正マットをカタログに載せたり、マットの使用を推奨していると思うんです。(パナソニックとかなら絶対カタログにも載っていると思う)

取説にもそのような内容は見受けられなかったので、メーカーは多分推奨していないのでは無いかと思います。

個人的にIHマットについてネットで調べたりもしましたが、付けた事によるメリットよりデメリットの方が多いと感じたのは事実でした。
そういう判断で我が家ではIHマットはこの先も使う事は無いと思います。
毎回調理後はガラストップを拭く事にしているので、とりあえず今の所は焦げ付きはありません。

グリル2
魚焼きグリル。

こちらは水無しタイプの両面焼きです。
まだ数回しか使っていませんが、スイッチひとつで美味しい切り身が焼けました。

自動の場合は魚をグリルに置いてから「姿焼き」か「切り身・ひもの」をスイッチで選びます。
そして焼き色を3段階の中から選んでスタートを押せば、あとはセンサーで魚の厚みを感知して自動で焼いてくれます。
スイッチひとつで焼き上がりを待つだけ。

便利です!!!

自動以外に手動も当然つかえますので、トーストを焼くときなどは手動で焼いてます^^

あとはHIヒーター自体にタイマーが付いてますので、調理時間の設定ができます。
時間になったらピー音がなり、設定していたヒーター&グリルのスイッチが自動で落ちます。
圧力鍋使用時やパスタをゆでるときなど便利ですよ♪


グリル1
ちなみに魚焼きグリルはここまでバラせますので、魚を焼いた後は全て外して丸洗いしてます。
説明書には受け皿にアルミホイルを敷いての使用が推奨されていましたので普段はそうしてます。


そして食洗機。
食洗機1
同じくKTのカタログから選んだ商品で、パナソニック製のものです。
標準はリンナイ製なのですが、ミスト洗浄ができるパナ製にグレードアップしておきました。

キッチンにライン取っ手を使われている場合、パナ製の食洗機だとラインの高さがぴったりあったデザインなので、統一感が出て綺麗に見えます。

kt.jpg
ちなみにリンナイ製だとこんな感じのデザイン。
個人的にはパナの方がラインがスッキリ見えて好みです(^_^;)

大きさは標準タイプ。
本当は深型の食洗機が欲しかったのですが、KTは深型対応していないんです(涙)

使い勝手に関しては今まで食洗機を使う生活をしたことが無いのでレポートしにくいのですが、無いよりはあって良かったかな?(レポートになってない・・・(^_^;))

なかなか綺麗に食器をセットできなくて、まだ上手く使いこなせていないと言うのが現状なのですけど・・・(汗)

収納できる食器の量は期待するほどの量が入らないかな~?という感じ。
家族3人分の食器とフライパンと小さな鍋くらいは何とか入ります。
でも他の調理器具まで全て食洗機で洗ってもらおうと考えるのは物質量的に絶対無理。

我が家では食器だけでも洗ってもらえてラッキー★程度の感覚で使ってます。
入らなかった調理器具は普通に手洗いしてますが、それでもあるのと無いのでは大違いだと思います。

やっぱり高温で洗浄するのでグラス類は本当に綺麗になります。

食洗機2
内部はこのような感じ。
左下の緑色の部分が食洗機用の洗剤入れになってます。

リンナイ製はそのまま食洗機内に専用洗剤を入れる(振り掛ける?)みたいですが、パナ製は最初にミスト洗浄で汚れを浮かせてから洗浄をします。
なので直接洗剤を投与するとミストの噴射口をふさいでしまうらしく、そのまま食洗機に洗剤を入れる事ができません。
その為の洗剤投入口の様です。

ミスト洗浄があるからなのかどうかは分かりませんが、予洗をしてから食器をセットしてますので今の所は洗い残しなど無く、スピードコースでも綺麗に洗浄できてます^^

深型がつけられなかったのは今でも残念要素のひとつなのですが、食洗機の機能としては満足してます。
設置して良かったと思ってます。



そしてこちらはゲストの方からKTの水栓と排水溝が見たいとリクエストを頂いたので一緒にご紹介しておきます。

あまり美しい画像ではないので恐縮なのですが・・・
排水溝
一昔前の排水タイプですね(^_^;)
お世辞にもお掃除がしやすいとは言えません。

ただ、排水口のタイプが旧家と同じで、今までの掃除と全く同じな分そんなに手間は感じてません。
しいて言えば残飯を受けるザルの深さが浅くなった分だけお掃除がしやすくなったとと言う感じ。
前は深いザルだったので腕を突っ込んで掃除してました。
その分は楽になったと思ってます^^

排水口はパナソニックの方が格段にお手入れがしやすそうでした。
パナソニックとクリナップ以外のキッチンは見に行っていないので他のメーカーさんがどうなっているのか分かりませんが、KTに関しては・・・という事です。
クリナップでもクリンレディなどの上級モデルはもう少しお手入れがしやすそうでしたが、パナに比べるとまだひと手間かかると言った感じ。
ちなみにラクエラはKTと同タイプの排水口でした。

そしてコチラはKTの水栓となります。
水栓2
浄水器付きシャワータイプ。
多分、KTのオプション品。

・・・と言うのも夏ごろにモデルチェンジしたらしく、最初にカタログから選んでいた物と変わってしまいました。
でもカタログに載っていたものより、コチラの方がスマートな感じなので私的には結果オーライでした。

水栓3
びよ~んと伸びますが、浄水器がノズル部分に入っているだけにゴツイです(^_^;)
毎日使っているとさすがになれましたが、お世辞にもカッコいいとは言えません。

水栓1
浄水・原水・シャワーの切り替えは上部のコックで行います。

浄水フィルターの試用期間は4ヶ月。
色々調べたところクリナップの正規代理店で購入するより、ネットで購入したほうが安そうです。



とりあえずざっと説明しましたが、我が家のキッチンKTについてはこのような感じです。

次回からは普通の(?)WEB内覧会に戻る予定です(^_^;)
長々とお付き合いいただきありがとうございました。



クリックいただけると次回更新への活力となります。
是非、ポチッと★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

16:54 WEB内覧会 | コメント(4) | トラックバック(0)

WEB内覧会 キッチン

2011/04/08
娘の入園式も無事終わり、我が家にもいよいよと新しい季節がやってきたという感じです。

まだ世間では手放しで喜べないニュースばかりが飛び交っていますが、このままではいられないので私も新しい一歩を踏み出したいと思います。


WEB内覧会を再開するにあたり、もしこちらのブログが通常運営に戻る事をご不快に思われるゲスト様がいらっしゃったとしてもそのままスルーでお願いします。
非難めいたコメントを書き込まれてもお返事いたしかねますのでご了承ください。




では気を取り直して予告(?)通りWEB内覧会の続きを進めたいと思います。


今回はキッチンです。
・・・と、言ってもキッチンスペースでは無く、『キッチン』だけ、です(^_^;)

本来ならキッチンスペースとしてしっかりご紹介したいのですが、一度で全てを紹介するのは無理と判断したので今回はキッチンだけに絞ってご紹介する事にしました。


我が家のキッチンはビルダーの標準品でクリナップのKTという工務店向けの裏番製品です。
キッチン4

このキッチンに行き着くまでの過程は コレ とか アレ とか コチラ を読んでいただけると分かると思うので、こちらでは詳しい説明は割愛します。


キッチン2
とくに目立つ特徴も無く、いたって普通なキッチンです。

キッチン1
しかしこちらのキッチン、我がブログの検索ワードナンバーワンな品物なのです。

クリナップKTは工務店向けと称した一品なので、あまりネットに情報が無かったりします。
無いと言っても商品のちょっとした説明などはそれなりにあるのですが、使い勝手とかオプションとか使用状態に関する情報はほとんど無いです。
ブログでもKTの使い心地を上げられてる方はあまり見なかったです。

実際、建売やマンションなどにも大量導入されているみたいなので、機種名を知らずに使われている方は以外と多いのではないかと思います。
そういう方はわざわざ機種名を探して明記してまでキッチンの使い心地をレポートなんてしないだろうし・・・(^_^;)

なので皆様、商品の内容が不明確な面もあって必死で情報を探されていらっしゃるんでしょうね。
私もそうだったので分かります。

カタログもちょっと薄めだったし、クリナップのモデルルームですら影にひっそりと置かれているようなモデルですので、当然といえば当然です。
計画段階からこのKTの事を知っていて、好んで指定する人はあまり居ないでしょう。(工務店に薦められてという人は居ると思いますが)
我が家も最初はパナソニックのリビングステーションの予定だったし・・・(^_^;)


・・・という事で、生贄的に今後導入予定で不安な方の為にKTの事をちょっとお伝えしておこうかと思った次第です。


まぁ、工務店向けという事ですが使い勝手はまったく普通に使えています。
むしろ全然悪くないです。
手入れも楽で快適です。ご安心下さい。
今までもっと狭くて小さいキッチンを使っていたので、それから比べたらとっても使いやすいと思ってしまうのかもしれませんが・・・(^_^)

安っぽいかと聞かれても、上位モデルが一緒に自宅に並んでいる訳では無いので比べようが無く、見た目はまず気になりません。
私的にはキッチン自体のクオリティはシンプルで無駄の無いキッチンというイメージに仕上がっていると思ってます。
引き出しの中も作りは見た目と同じくシンプルですが常時開放している訳ではないので、いちいち覗く人なんて居ないだろうし・・・(^_^;)
しいて言うなら小物用の引き出しの仕切りの作りがアバウトすぎて、ちょっと分類し難いというくらいでしょうか?
それ以外は今の所不便は感じてません。

最初からすごく使い勝手の良いスペシャルなキッチンを使われていた方や、キッチンの機能や設備にすごいこだわりをお持ちの方にはお薦めしませんが、そうでない私のように(使いやすければ)適度に満足できるタイプの人には十分なのではないかと思います。

もし予算の都合でKTを選ばれている方がいらっしゃったらお伝えしておきますが、上を見たらキリがないけど普通に料理をするだけなら十分ですし、見た目も悪く無いと思います。
上位モデルを無理して購入したからと言って、料理の腕がいきなり三つ星レベルになる訳では無いでしょうし、ご予算に限りがある場合は何かを諦める事は必要だと思います。
私も予算の都合で欲しかったキッチンを諦めたクチですが、家に設置されたキッチンは想像以上に綺麗で今では気に入っています。

このキッチンは価格がお値打ちで機能はシンプルなだけに他のメーカーさんにあるような、かゆい所に手が届くような主婦が喜ぶ便利機能は皆無ですが、逆に自分で好きな様にカスタマイズできると思えば良いと思います。
アイデア次第で使いやすくなると思いますよ^^

シンク
作業台は白い人工大理石に細かい黒っぽい石目柄(粒?)が入ったマーブルトップです。
シンクはベージュの同じくマーブルシンクです。

シンクをベージュにしたせいか、今の所では目立つ水垢などはありません。
マーブルトップは始めて使ったのですが、汚れてもさっとひと拭きで手入れが楽ですね♪

ただ、ちょっとマーブルトップ&シンクは物を落とした時の音がうるさいかな~(-_-;)
結構ガチャンと響きます。

レンジフード1
レンジフードも同じくKTの標準品カタログの中から選んだ物。
デザイン的にはスッキリしてて気に入ってます。
一応IHグリルと連動していて、IHグリルのスイッチを入れたら自動で換気扇が回ります。

しかももうひとつのKT標準品の正面にキッチンと同素材の化粧版が取り付いたタイプより、こちらのダクトむき出しタイプの方がお値段が安かったりします。
私は値段も調べずにこちらの方がデザインがスマートでカッコ良いと感じたので何も考えずに選んでました。

周りのキッチンパネルもKTの標準品。
このキッチンパネル・・・とっても使いやすくて大満足です。
油はねもさっとひとふきで綺麗になります。
いやぁ~今のキッチンって本当にお掃除が楽です!

レンジフード2
お手入れは横のボタンを指で押せばフードが開きます。
換気扇フィルターを使用してくださいとビルダーの方から言われてますので、市販のフィルターが付いてます。
これだと中が分かりませんね(^_^;)

表面はテフロン加工の様な仕上げになってますので、ささっと拭けば軽い汚れはすぐに落ちます。
油汚れを貯めると後々掃除しにくくなるので、表面は常に調理後に拭く習慣をつけてます。
今の所は綺麗な状態を保ててます(^_^)


まだまだご紹介したい項目はあるのですが長くなっちゃいましたのでIHヒーターと食洗機についてはまた次回という事で。


我が家のキッチンはこの様な感じです。
決して高価なモデルでは無いですが、機能&性能的にも我が家にはこれで十分だと思ってます。


オマケ★
夜のキッチン
我が家の夜のキッチン。

夜のキッチン2
夕食の後片付けが終わってキッチンを毎晩磨き上げるのが日課です^^
その時はわざとキッチンのダウンライトは付けず、手元用のスポットライトと換気扇についているキッチン灯だけ点灯させて雰囲気たっぷりの中で余韻に浸りながら作業するのが大好きです。
キッチンを綺麗に片付けるとようやく一日が終わるって感じがして嬉しくなります。

通常我が家のキッチンには掃除がしやすい様に物を置かないようにしているので、普段でもこのような感じです。



ぽち★いただけると次回更新への活力となります^^
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

13:37 WEB内覧会 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。