10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

建売住宅見学のススメ

2010/07/01
早いものでいよいよ7月ですね。
本格的な夏の到来。
毎日暑いですねぇ~(;´д`)ゞ アチィー!!

朝9時でも部屋の気温がもう32度もある我が家っていったい・・・(汗)
昼間はクーラー付けっぱでエコって何?状態で過ごしています。
夏の我が家はエコとは無縁の家になります。


お家作りの方は最終金額が出るのを待っている状態です。
次回の打ち合わせの価格によって請負契約に進むかきまります。
早ければ来週の頭には結果が出ていると思います。

今の予定だと地鎮祭は8月半ば。
我が家が建つ場所は役所の申請にやたら時間がかかる土地らしく、建物の申請をして役所からOKが出るまで2ヶ月はかかるとの事。
そうなると本格的な工事が始まるのは9月くらいかな?
まぁ、少し涼しくなったくらいの方が、私としては嬉しいです。
暑い中、子供を連れて工事現場を見に行かなくても良いので(^_^)



さてさて今日のネタは建売住宅についてちょっと書いてみたいと思います。

一時期毎週末は親の敵のごとく住宅展示場に通ってた私でしたが、ふと自分がかなり贅沢仕様を見慣れすぎてきて、「便利機能はあって当たり前」、「パティオに吹き抜け、ロフトがあるなんて最高~」なんて具合に、思っている事に気がつきました。

そして夢のような妄想ハウスを繰り返し想像した後、はたと「ヤバイ・・・普通の家だったら豪華な設備も贅沢な間取りも有り得ないよね?」と思うようになり、なんだか急に怖くなって等身大(身の丈にあった)の家を見たいと思うようになりました。

そこで次に通い始めたのは建売住宅。

当時はまだ注文一戸建てを購入するとも決めていなくて、ただ漠然と家を買うという感じでした。
正直、旦那サンは一戸建てよりマンションを望んでいたみたいだし、私も我が家の予算から考えても注文は難しいと思っていました。

とりあず行ってみなければ必要経費も何も分からないし、普通サイズのお家を知っておかないとお話にならないので、勉強を兼ねて建売住宅を片っ端から見に行って見ました。

半年くらいの間に全部で30~40件くらいは見に行ったと思います。

やっぱりモデルハウスに比べて広さや間取りに現実味があります(当然)
モデルハウスだと広すぎて「その予算だと32、3坪位ですね」と営業さんに言われてもピンときませんが、建売住宅だと「この家で1,2階合わせて35坪です」と言われると分かりやすい。

それに何件か見て回っているうちに自分の好きな間取りというのが大体見えてきます。
リビングとダイニング、キッチンは一列でつながった間取りは好き、嫌い・・・とか、リビング和室は便利そうだけど独立タイプの方が好きとか、リビング階段の好き嫌い、リビングとダイニングは適当な距離感があるほうが好みであるとか・・・
こういう間取りは使いやすそうだとか、ココからこう抜けられると家事導線が良さそう・・・とか、見所満載です。

そう考えるとやはりリアルサイズの家というのは自分が住んだ場合を想定してイメージするので間取りを確認しやすいです。


あと幾つか見ているうちに好みの内装や外装も分かってきます。
はっきりと好きな家のイメージを持てていて、それに向かって計画できる人なら必要ないかもしれませんが、まだ漠然としかイメージを持っていないならかなりシュミレーションしやすいのでは無いかと思います。
外装のカラーリングもナチュラル風、モダン風、プロヴァンス風など好き嫌いが分かってくるし、ベースカラーもモノトーンやアースカラー、ナチュラルカラーなど好きな傾向が見えてきます。

同じく何件も見て回っているうちに部屋のカラーや床の色も好きな感じが見えてきます。
床材の違いまでは分からなくてもナチュラル系やダーク系、ホワイト系など部屋に一歩足を踏み入れた瞬間の部屋のイメージはどんな色目に惹かれるのかも分かってきました。


私の場合は何件も見ているうちに、好きな外装はモノトーンベースのモダン系で、内装はメイプルなどの明るいめの床材に濃い目の建具が好きだという結論に達しました。
思いっきりモダンベースですよね(^_^;)
でもモダンすぎる家も疲れそうだし、徹底してインテリアなどをそろえるほどカッチリさせたくないなので、ナチュラルモダンあたりでまとめるつもりです。
我が家のイメージカラーは白とこげ茶とライトグリーンです。

現在計画中の家はこういう建売見学の経験を生かして、内装や外壁を選ぶ予定なのでインテリアコーディネーターの方にもそう伝えてあります。


まぁ、間取りや外壁・内装以外にも建て方や設備などツッコミどころは沢山あって、建売住宅見学というのはかなり等身大のイメージができるので勉強になって面白いと思います。
もし、自分の目指すイメージや間取りを決めかねているなら一度見学に行かれて見るのはいかがですか?

その後、1度くらいは建売住宅の販売会社から問い合わせが入る事は覚悟の上ですが、それでも十分勉強になると思います。
私も相当な数を見て回った方だと思いますが、やっぱり好きな感じの家はいつまでたっても忘れないもの(^_^;)
きっとそういう家は自分の好きなイメージなんだと思います。


最後にここまで書いて何故建売住宅を購入しなかったというと、答えは簡単。
『収納命』の私には建売住宅の収納量では少なすぎて満足できなかったというのが理由です。
私の場合、居住スペースを削っても収納場所を作りたいタイプなので・・・(-_-;)

大きな納戸やクローゼットが付いている家もありましたが、私が欲しい収納は適材適所で、キッチンにはパントリー、玄関にはシューズクローク、洗面所にはリネン庫、各ベットルームにクローゼットなど、整理整頓が苦手な私は用途に応じた収納が付いている家がどうしても欲しかったから。

極めつけは、1階にファミリークロークの付いている家は一軒もなかったから。
これが一番の理由(^_^;)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
14:45 HMについて | コメント(6) | トラックバック(0)

私目線なハウスメーカー見学 3

2010/06/16
またこのネタです(^_^;)
更新内容に困ったらバイオのゾンビのごとく蘇ってくるというこのタイトル。
いいかげん飽きてきてると思いますが、もう少しお付き合いください。


一条、ミサワ、住林、ト●タと来て、このあたりでようやくファン多しセキスイハウスのモデルルームに足を踏み入れました。

しかしセキスイハウスさんと言っても、私がいったのはシャーウッドの方。
やっぱり木造建築が好きな私としては鉄筋タイプより木造タイプに心惹かれました。

やっぱりさすがというか業界トップクラスだけあって、営業さんはとても上品で、こちらの質問にもしっかり受け答えしてくれます。
社員教育はできてますね。

私の周りにはセキスイファンの方が多く、セキスイで建てるなら紹介するよ~と何度かセキスイオーナーからお声をかけていただいてました。

新規顧客より圧倒的に紹介顧客が多いというのもセキスイファンの多さが分かりますし、それだけセキスイで建てた家に満足されている方が多いというの分かります。

でも・・・でもね・・・

セキスイさん

高いっスよ~!!(≧д≦)


私のような予算キツキツの人間が行ってはいけない所でした。

私の勝手な見解では旦那サンは口には出さないけどセキスイさんとかダイワさんとか絶対好きだと思う。
男性ならそのあたりのメーカーが好きな人が多そうな気がする。
CM見るたび「いいな~・・・いったいいくらするんだろう」と常に言っているから。
買えるか買えないかは別としてもステイタスやネームバリュー的に好きだと思う。

ま、話しはそれましたが、内装とかはやっぱり豪華絢爛って言うか、オシャレで綺麗過ぎて、さらに建物自体が大きいから逆にピンと来ませんでした。
なんだかテレビに出てきそうな作りで。
でもセンスはやはり抜群で、とても素敵でした。

さすがにこのあたりのランクになってくると照明計画もしっかりプランナーが入ってるだろうから、綺麗ですね。
吹き抜けから階下を見たときに照明器具のランプが丸見えとか、床の大理石に間接照明のランプが反射してランプイメージが床に写り込んで丸出しなんてヘマはありません。
(実はこの様な照明計画ミスはモデルハウスでもありえる事です)

間接照明の使い方はすごく上手。
非日常的空間を演出するような足元や棚裏などの間接照明が多様されていて、基本はダウンライト、意匠照明としてはシーリングはほとんど無しでブラケットやスタンドなどの演出用としての照明器具の使い方が目立ってました。
ダウンライトも見上げた時のグレアカットを重視したルーバーの入ったタイプなど細かい部分にまで気を使われてます。

まぁ、一般住宅でグレアカットタイプのダウンライト入れる人なんてあまりいないだろうけど・・・(器具が深くなるので)

たしかに色々な意味で高いだけはある


兎にも角にも業界最大手のハウスメーカーさんなので一度は見てみたかったというはありますが、やっぱり噂通り素敵でした。
実際の住宅もきっとセンス良く仕上げてくれると思うのですが、やはり金額的に我が家の予算では難しいのでセキスイさんはここでリタイアです。
まぁ、こちらに土地が無いというのあって(買う前だったので)、そんなに深い営業はしてきませんでした。
これはこれで引き際をわきまえていらっしゃいますね(^_^;)


これは去年のお話で、ここで紹介した以外のハウスメーカーさんにも何件か行ったりしてます。
でも色々見すぎて頭の整理ができなくなってたので、ハウスメーカーめぐりは一旦このあたりで中断です。

色々と夢のようなモデルハウスを見た私は、次はもっと現実的なモデルルームが見たいと思い、住宅展示場からは遠のきはじめます。

モデルハウスめぐりはとても楽しく勉強にはなったのですが、なんせ建物が大きすぎる上に上等な機能が付きすぎで、実際の住宅としてのイメージが沸かず、あれもこれもと夢ばかりが膨らんでしまってました。

こりゃイカン!とマジで思った私はもっと現実を直視しなくては!と思いなおし、しばらくは建売住宅を見て回る事になります。

そのお話はまた次回に・・・・

・・・って、まだ続くの?


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村








17:23 HMについて | コメント(10) | トラックバック(0)

私目線なハウスメーカー見学2

2010/06/08
本日はこの前の住宅展示場の続きの話です。
先日の車傷付けられ事件のその後の報告はまた次にしますね(^_^;)
ちょっと気持ちを落ち着けねば・・・



さてさて無事モデルハウスデビューしたワタクシ、しばらく何かと理由をつけて住宅展示場に通いつめました。
土日行くことも多いのですが、意外と平日とかも通ったりしてました。

平日だと意外と営業さんとかが不在な所が多くて、案内役のお嬢さんとかに案内される事が多々あるのですが、逆に根ほり葉ほり聞かれる事が無くて気が楽でした。

平日モデルハウスを見に行く時は目当てのハウスメーカーの取り扱いカタログをネットで調べて「●●のカタログが欲しいのですが・・・」の後、ついでに見学して行っていいですか?という流れが多かった私。
この方法だと敷居がまたぎやすいんです ( ̄ー ̄)ニヤリッ

まぁ同じ様に名前とか住所の記入はさせられますが、混みこみの土日よりは自分のペースでゆっくり見られるのが良かったです。

ホラ・・・何しろ子連れだからその方がいいのよ~(^_^;)


まぁ私の役に立たない住宅展示場のめぐり方はこの辺で置いておいて、私的ハウスメーカーのレポートです。



一条さん、ミサワさんと回った翌週に行ったのは『住友林業』さんのマイフォレスト。

こちら、私の大本命です o(●´ω`●)oわくわく♪

何が大本命かというと外観がストレートに超好み
木の家っていうのが好きな私には嫌う要素が無いくらいポイント高いです。

でも住林はお高いイメージがあって、一番最初に見に行きたかったのに、なかなか敷居が高くていけなかったんです。
いつも土日はいっぱいで、夕方くらいまで人の出入りがある上、入り口の営業さんっぽい人が威圧的な感じで・・・

・・・で、先ほどの「マイフォレストのカタログ下さい」攻撃で平日に行きました(* ̄▽ ̄*)ノ"


イメージとしては・・・・

「やっぱり最高」(←超個人的意見なので住林ファン以外はスルーで)

何が好きかって、室内の造作家具とかが丁寧な上に、あの格子!!
内装に格子を使わせたらやっぱり業界トップクラスですわ~(惚れ惚れ)
やっぱり使ってる木材の質が良い(当然だけど・・・)
とにかく内装もモロ好みでした。
住林は女性ファンが多いと聞いた事がありますが、納得です。

あとね・・・やっぱり住宅に対する照明計画がすごく良かったの。
まぁモデルハウスって事もあるから多少華美な面もあるのですが、この照明計画案のノウハウを一般住宅にまで生かしてプロデュースできるなら素晴らしいことだと思う。

ただ平日の残念で、受付の案内のお嬢さんの説明だったから、家の詳しい構造とかそういう突っ込んだ話までは聞けませんでした。

でもいいの・・・お目当てのカタログ貰えたから O(≧∇≦)O イエイ!!
このカタログ見てひたすら妄想するから♪


結局、当時我が家が上げていた予算では住林の家は建てられないって分かっていたので、これで住林さんとはお別れだな~と思っていたら、なんと住林さん、去年の10月にお値段控えめの「木達」というプランを立ち上げたとか。

ちょっとお話を伺ってみたら、マイフォレストよりは選べるオプションは少ないらしいけど、内容次第ではかなり格安の価格でおうちが建てられるとか!?Σ( ̄Д ̄;)

ここで一気に住林さん急浮上です。
憧れの住林の家がちょっと頑張れば建てられるなんて夢にも思っていなかったので・・・。
それからしばらく、住林のカタログは見倒しました。




その次に行ったのはト●タホーム
こちら、ちょっと我が家的にワケアリだったので伏字にさせていただきます。

珍しく旦那サンも一緒だった時に行きました。


モデルハウスはすごく綺麗で素敵な間取りだったんだけど、こちらの営業さんのイメージがすごく悪かったんです・・・(-_-;)
まず最初に聞かれたのは「ト●タ自動車の関係の方ですか?」と聞かれました。(我が家は違います)

まぁ、それは良しとして、展示場が終わるギリギリに行ったっていうのもあったのですが、アンケートに土地無しの上に予算の金額を書き込んだ瞬間、営業さんらしき人の態度がすごーく馬鹿にした感じで

「その金額では(このメーカーの家は)建てられません」

と、言われました。

ハァ?Σ( ̄Д ̄;)

「ト●タにお勤めのご家族とかいらっしゃったら少し値引きできますけど~」みたいな事まで上から目線で言われました。

もうね・・・私も旦那もムカッ( ̄∩ ̄# ってきてすぐに出ちゃいました。

あ~あ、せっかく旦那サンが一緒にハウスメーカーめぐりしてくれる気になったのに、最初にいきなりコレじゃ、もう2度と行ってくれないよ~ (T▽T;)


ト●タホームさんの建物が悪いわけじゃないけど、あの営業の仕方はどうよ?
社員教育をちょっと疑いました。

愛知県では某自動車メーカーのお膝元だから(社員の協力あってか)売り上げがいいらしいけど、ちょっと一般客にあの態度はねぇ・・・って感じ。



でもね、でもね、誤解の無いように言っておきますが、たまたまその営業さんの態度が良くなかったってだけで、ハウスメーカーさん自体は問題無いと思います。

すごく綺麗なオープンリビングから和室に続く雰囲気やイメージがすごく良いモデルハウスだったからじっくり見たかったのですが、なんだかいたたまれない気分になって出ちゃいました((+_+))

ちなみに照明計画はちょっと明るめって感じでした。
こちらはモデルハウス全体が白い色をメインにしているから、壁や床材の反射率もそうとう高いと思うし、なにより間接照明をかなり入れていたので視覚照度との相乗効果で、そうとう明るさ感のある照明計画になってました。

いろいろお話を聞いてゆっくり見たかったなぁ・・・と、モデルハウスが綺麗だっただけに残念です。



モデルハウスめぐりって良い事もあればこういう目にあう日もあるんですね(-_-;)
でも何千万もする商品を扱っている方から見たら、別に私たちに買って貰わなくても、もっとお金を出せる人が買ってくれるのだからかまわないって事なのでしょうかねぇ?

なら、予算総額●●●●万円以下の方はご遠慮くださいって貼っておいて下さい。


予算が少ないって切ないなぁ~ (´Д`。)グスン


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村
16:36 HMについて | コメント(4) | トラックバック(0)

私目線なハウスメーカー見学 1

2010/05/31
たいそうなタイトルついてますが、内容は詰まってません。スカスカです。
私的意見ですので、偏ってる部分もあるのであまりアテにせず、話のネタくらいだと思っててください。




住宅展示場が大人にとってこんなに楽しい所だとは今まで思っていなかったので、それからしばらくは土日が来るたびに住宅展示場に遊びにいってました(^_^;)

最初は展示ハウスに入るのにも躊躇していたのですが、何度も足を運んでいる内に以外と平気で入れるようになりました。

でも私はどうやら木の家が好きらしく、コンクリート系を売りにしているHMさんの家にははほとんど入らなかったかも。
意識したわけではないのですが、何故か気に入る外観は木造住宅がほとんどでした。




一番最初に声をかけられて入った家は一条工務店さんの純和風住宅。
洋風住宅も扱ってるみたいですが、この時は和風住宅でした。

和風住宅は私的にはナシなのですが、すごく品の良い紳士的な方でしたのでなんとなくつられて入ってしまいました( ̄▽ ̄;)

一条さんはほとんどが自社製品と言う事で建具の品質とコストパフォーマンスの良さ、ありとあらゆる造作が標準で付いていてあとからの追加オプションが少なく済むというのが売りなんですね。
和風住宅でしたが、家の中は和室を除いて北欧系?・・・って感じ。
落ち着いたチーク材などを多様した建具や、主婦には便利そうな機能が満載のキッチン、標準で1.25坪のお風呂などを見せていただきました。

建物の印象としては丁寧な作りで、今のナチュラル志向の住宅よりは、流行に影響されない王道なデザイン。
顧客ターゲットは若い家族よりはもう少し年齢層の広い家族を意識した感じでしょうか?
他の展示場で見ましたが洋風タイプの家でも一条カラーはしっかり出ていると思います。
コレと言った他のメーカーと比較できるような売りはあまり感じませんでしたが、カラーはすごく濃いと思います(^_^;)

まだ我が家は土地を購入する前だったので深い話はしなかったのですが、対応はとても紳士で好感が持てました。
社員教育がちゃんとできているんだろうなぁ・・・と思ったくらい、家購入に関する手続きや必要経費などとても新設で丁寧な対応をしてくださいました。

一条さん自体は良いメーカーさんと思うのですが、ちょっと家のデザインが私向きなカラーでなかったので対象からははずしましたが、メーカーとしては今でも好印象です(^_^)



つぎに入ったのはミサワさん。
ここは展示場から帰ろうとした時に、展示ハウスの入り口前にあった風船につられて娘が入ってしまったので、私もそのまま入ってしまったという感じ。

こちらは『蔵』が売りのメーカーさん。「ミサは1.5倍」のCMでおなじみですよね(^_^)
今では蔵はあちらこちらで似たような物を見かけますが、蔵を最初に提案したメーカーさん。
スキップフロアー満載で楽しい展示ハウスでした。

家の感じはシンプルモダンテイスト。
照明も無駄な意匠器具は無く、ダウンライトと間接照明が主流ですっきりした感じが◎
お部屋の感じはかなり好みでした。
ちゃんと良いコーディネーターが入ってセレクトしてるんだろうな d(-_^)

蔵を家の中心に持ってきたモデルハウスだったので、ぐる~んと階段を上りながらスキップフロアを渡り歩いていく感じ。
う~ん・・・バリアフリーが主流だと言われる昨今、スキップフロアーってどうなのかな?
カッコいいんだけど、階段の上り下りが多いのはお年寄りが居る家族や小さい子供が居るのと主婦目線だとちょっと嫌かも。
でも蔵の存在は魅力的だな~
子供目線だと迷路みたいで楽しい家になりそうヾ(@⌒▽⌒@)ノ

家自体の換気システムとかどうなっているのか聞くのを忘れましたが、(まだこの頃は勉強不足時期だったので)全館空調とかだと温度差が出ないからいいのかな?
スキップフロアーだとあまり扉のついた部屋はなさそうさから・・・

あとはスキップフロアーの特色として最上階の部屋の天井が高くとれるってのはいいな★


こちらはまだ土地を探している最中だと言ったら、ちょっと引かれ気味にされちゃいました(そりゃそーだ)
ごめんね~(≧≦)  先に言っておけば良かったね~(^_^;)
でも若い営業さんだったのですがちゃんと最後まで親切に対応してくださいました。

帰るときにカタログとミサワさんのお客さんに配ってる施工例集らしきものを3冊ほど下さいました。
こういう施工例集って嬉しい~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
ちゃんと帰るときには娘にもミッフィーちゃんの風船もちゃんと下さいました(o^∇^o)ノ

そこそこお値段高めのメーカーさんですが、インテリアの感じとか好きな部類だったので家の候補として考えたいな~と思いました。


ほかにも色々とあったと思うのですが、半年以上前の事なので忘れつつあります(^_^;)
ちょっとずつ思い出しながら書いているのですが、たしかこんな感じ。
あまり役に立たないレポートかもしれないので話半分に聞いておいてくださいませ (〃^∇^)

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

17:32 HMについて | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。