10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

念願のクリスマスツリー

2011/11/30
子供の頃からずっと欲しかった大きなクリスマスツリー。

アラフォーになってようやく購入する事ができました^^
毎年欲しいと思いつつ、今までは狭い家だったので置き場や保管に困るので買えずじまい。
子供が生まれてからも終の棲家が決まるまでは買わないとずっと我慢してましたが、ようやく夢が叶って嬉しいです。


ま、私のツリーへの執念に近い情熱はこの前暑苦しく語ったのでコチラでは割愛しますが、(過去記事参照 その1その2)我が家のツリーは楽天で購入した物です。


お値段に吊られて購入したといっても過言ではありませんが、ブラックのファイバーツリーが欲しくてようやく見つけたこちらで購入。

このお店で購入したのはヌードツリーのみで、どうしても欲しかったオーナメントは数点ほど楽天のほかのショップにて購入しました。
ボールやガーランドなどは殆ど地元のショッピングセンターやニトリで購入したもの。

まだ少し手を加えたい部分もありますが、ようやく完成に近づいたので初お目見えです^^

tree6.jpg
写真がゆがんでますが・・・(^_^;)

我が家のツリーはブラック。
180cmのスリム型クリスマスツリー。
今年のオーナメントはシルバーをベースにピンクとパープルです。
指し色をピンク系にしたのは娘のリクエスト。


葉のつくりなどはやはり中国製だけあってなんとなく安っぽい感は否めないのですが、もともとブラックなので本物っぽくなくても十分って感じで、我が家的にはOK。
値段が値段だけにもっとスカスカしてるからと思っていたのですが、思っていたよりは枝ぶりがしっかりしてました。

樹形は無駄に綺麗な逆三角形。
ま、リアルっぽい形ではありませんが、すっきりシャープな感じがクールでカッコいいと思ってます。

tree5.jpg
昼間の画像ですが、ファイバーを点灯させたところ。
明るくてもファイバーの光はちゃんと確認できます。

tree3.jpg
ファイバーが通っているのは葉の先端の部分。
光り方は全部で6パターン。
昼間でも綺麗です(*^.^*)

組み立てをして飾り付け、初めて点灯させたのは昼間だったのですが、娘も旦那サンも「綺麗~!」と口をそろえて言ってました。
旦那サンにしたら5000円でこのボリュームでLEDのファイバーまで付いている事が安いと言って驚いてました。

普通にヌードツリーを購入して、LEDのライトを購入して飾りつける事を考えたら、お財布事情も設置も一度で済むので楽かな~?(^_^;)

ファイバーなのでゆったりした流れるような光り方が特徴ですね。
チカチカと点灯点滅するような可愛い光り方ではないので、そういうのがお好みの方には物足りないかも。

tree4.jpg
足元はこんな感じ。
この出っ張った部分にLED光源があります。
ちなみにこちらのツリーは2分割できるので、光源の取り入れ口は上下に2箇所です。、
足元と中段部分にもう一箇所ファイバーの取り入れ口に光源を設置します。
我が家は直接コンセントから電源を引いてますが、USB接続でも光らせる事ができるみたい(試してないけど)

2箇所に光源があるからか、上の方も下の方もムラ無く綺麗に光ります^^
でも足元がちょっと見た目が悪いですね(汗)
ツリースカートを履かせるか、何か他の物でカモフラージュするか今後の課題です。

tree1.jpg
夜の状態。
スポットが付いてるのでわかりにくいですが、雰囲気は最高♪

tree2.jpg
真っ暗でこんな感じ。
tree7.jpg
シャッターの露出が遅いのでボケてますが、青・緑・赤(紫?)のに変化してとても綺麗です(^.^)


初めてツリーを設置した日は嬉しくて嬉しくて、娘を寝かしつけた後、ツリーをツマミにめったに飲まないお酒を飲みながら一人でニヤニヤして眺めたくらい。

買ってから手元に届くまで、綺麗に光らなかったらどうしようかと心配もしましたが、とても気に入っています。
娘も旦那さんも喜んでくれてるし、私的にはとても良いお買い物でした。

クリスマス本番まで楽しませてもらおうと思ってます(o^-^o)



ツリーいいじゃな~い?って方ポチっと是非クリックを★
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
22:53 インテリア | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。