03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

モヤモヤは残るけど・・・

2010/12/07
先日の記事、大事な設備が抜け落ちてた件のその後のお話です。


その設備が図面から抜け落ちているのを確信したのは夜中でした。
上棟確認の時にもらった図面集を眺めていて、ふと気が付きました。


換気扇が無い?


換気扇と言ってもトイレや脱衣所のは通常あるべき場所なので図面にきちんと付いています。
抜け落ちていてた換気扇の場所は1階のファミリークローゼットの中。

たかが換気扇、されど換気扇。
小さい設備ですが、あるのと無いのでは全然違います。



我が家のファミリークローゼットは1度下に下りたら何度も2階に上がりたくないとの理由で、2階では無く1階に作る事にしました。
ここは旦那サンのスーツや家族の上着・子供の着替え、普段着などのその季節の服を保管します。
保育園の子供の制服もここに置く事になると思います。

それ以外のオフシーズンの洋服や礼服などの着ない服は2階の各個室のクローゼットか納戸の中に作ったクローゼットに保管する予定です。

場所は家の西側で、階段下のスペースを入れて2.5畳の広さです。
最初はこの部屋に明り取りと換気をかねた小さな窓を作りたかったのですが、予算の関係もあり窓を取りやめて換気扇だけ付ける事にしたのです。

小さなスペースなので換気扇も必要かどうか迷ったのですが、旦那サンの服に付くタバコの匂いが締め切ったスペースに充満するのが嫌なのでやはり必要だと判断。
(ちなみに我が家に喫煙者は居ません。タバコの匂いは主に職場やパチ屋などでの移り香です)


さてさてそんな換気扇ですが、小さな設備と言え、締め切ったクローゼットの中で換気ができないのは大打撃です。
何度も何度ももらった図面を見直しても、やはりクローゼットの中に換気扇の記号はありませんでした。

そして今まで新しい図面や見積もりをもらうたびにまとめていたファイルを取り出して調べたら、初期の頃の見積もりと図面にはしっかり換気扇の支持が残っていました。

いつ?どこで?
以前の図面を順を追って調べていたら、図面を1/100から1/50スケールで正式図面として引かれた時に抜け落ちているのを発見。

夜中でしたがすぐにビルダーに連絡と確認のメールを入れました。



翌日ビルダーから連絡があり、やはり途中で抜けてしまっていたとの事。
見積もりの中に換気扇の金額は既に含まれているので追加料金はいらないと言われました。

念の為気になって聞いたのですが、やはり既に天井に張られている石膏ボードははがして、断熱材をくりぬき、サイディングも一部はがして換気扇のダクトを取り付けるそうです。
当然、修正工事で発生する金額はビルダー負担です。

せっかく吹き付けた断熱材をくりぬくのが心配だと伝えたら、きちんとダクトの周りも再度アクアフォームを吹き付けてくださるとの事なのでちょっと安心しました。


無事に換気扇は取り付くことになりましたが、なんだか私の胸の内にはモヤモヤが残っています。
スッキリしないのです。
嫌なスイッチが入ってしまったみたいで、家中の設備や造作建具などが急に心配になってきちゃいました。

本当に指示した通りに設置されるの?とか、電気のスイッチの回路分けを後から指示したけど、ちゃんと分けてつけてくれるの?とか、気になりだしたら何もかも調べたくなるくらいです。

とりあえず今回は丁寧な回答と、早急な対処をしてくださるとの事なのですが、ビルダーさんを信頼しているはずなのに、一度こういう事があるとやっぱり気になってしまいますね。
今まで丁寧なお仕事をしてくださっているのに、そういう気持ちを持ってしまった事が残念です。


今後の、このモヤモヤを吹き飛ばしてくれるくらいの素晴らしい仕事ぶりに期待します。



皆様も絶対、古い図面や打ち合わせの資料は捨てないように。
何処で必要になるか分かりません。

修正するときも消しゴムや修正液で消すのではなく、文字の上から二重線で消してから変更した日付と変更事項を書き足していった方が記録として残ります。
もらった図面や資料はその日の日付を書き込んでおく事も忘れずに。

どんな小さいメモでも落書きでも大事に保管しておいてください。

何かの時にきっと役立ちます。



クリックいただけると次回更新への活力となります★
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
21:52 建築工事 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
問題なく修正してもらえた様でよかったようですね。
ここできちんと直してもらえたということで信頼度は高いのではないですか?
ご心配になる気持ちも分かりますが。

よい家造りになると良いですね。
No title
とにかく、素早い対応でとりあえずは安心でしたね。
ただ、やっぱり心配になりますよね。
丁寧かつ素早い対応で安心したことと、信頼している事を前提に、気になる所はもう一度ビルダーと一緒に確認してみてはどうでしょうか?
モヤモヤは更なるモヤモヤを呼びますから、家造り終盤気持ちよく竣工を迎えたいですもんね
>ひまじんさま
コメントありがとうございます。
予定通りに直してもらえる事になりホッとしております。
早い段階で気が付いたので良かったです。

嫌な対応をされずに、きちんと直してもらえるという点では良心的な対応をとっていただける事に満足してます。
もともと心配性なので今回の事でちょっと不安になったりしましたが、根本的にはビルダーさんを信頼してますので、今後の仕事ぶりに期待という感じです。
このままトラブル無く、無事に工事が進んでほしいです。
>kiyo4さま
対応とフットワークが軽い会社で良かったと思ってます。
とりあえず今回の件は早めに気が付いてすぐに動いていただけたので一安心だったのですが、このまま誰も気づかずに最後まで工事が進んでいたらどうなっていたのだろうかと思うと不安にっちゃったんですよね(-_-;)

換気扇が抜けているのを見つけた時はプチパニックになっていましたが、対応が早かったのもあり、今は気持ちも落ち着いています。
今までの仕事ぶりでビルダーへの信頼が欠けた訳ではありませんが、今後はミス無く仕事をきちんとこなしていただければ・・・と思ってます。
モヤモヤ感、分かります!
はじめまして^^

モヤモヤするのは当然ですよね。
「追加料金は要りません」って当然でしょう。
それより、今から手を入れたら、どんなに手を尽くしても家が傷むのだから、わたしなら、料金は無し+更に値引きしてもらいます。

勿論、怒鳴り込んだりはしませんけど(笑)

でも、kakainaさんは優しいんですね~。

うちもビルダーさんではなく、ゴタゴタがあって
モヤモヤした時期があるのでお気持ちよく分かります。

頑張ってくださいね。
応援します!ぽちっ!


>食いしん坊ズさま
コメントありがとうございます^^

追加料金がかからないって時点で安心してしまい(@小市民思考)、値引きの交渉とか頭から抜けちゃってました。
もしかして最大の値引きのチャンスを逃してしまったのかしら???あらら。

やはり後からの修正工事は家が傷むのでしょうか?
最終的にちゃんと取り付けばいいやって思ってて、深く気にしてませんでした。
念押ししたのは隙間が出ると嫌なので断熱材くらいでしょうか?

今までのビルダーさんの仕事ぶりや出来上がってきた家の状態には満足しているのですが、一度こういう抜け落ちがあると施主としてはこの先もちょっと心配になってしまいます。
やはり人の手による仕事なので、ついうっかり・・・が無いとも限らないので。
今回を機にきちんとオーダー通りに仕事をこなしていただく事を願わずには居られません。
補足です
こんにちは

夕べは眠かった事もあり、言葉足らずなコメントで不安を煽らせてしまったかな、と思い、再度書き込みします。

まづ、今回のミスで「他は大丈夫なの?」と心配する必要はないと思います。仰っているように、人間のする事ですから、ミスは付き物です。信頼しているビルダーさんとの事で、関係も良好のようですから、先方もミスのない様、気をつけて工事をしていると思いますよ。

詳細に渡ってカリカリする施主は嫌われますし、信頼関係を上手く築けないですから、kakainaさんのような姿勢は、先方も有難く思っている事でしょう。

どんなに気をつけていてもミスは付き物、と承知した上で施主が出来る事は、ミスを未然に防ぐよう、常に確認作業をする、コレに尽きます。
そういった意味では、この時点まで、kakainaさんご夫妻が図面での漏れに気がつかなかったと言う事は、(実際はビルダー側が気がつくべき事ではあるけれど)、ちょっと残念でしたね。

次に、今回のミスの責任の所在ですが、ビルダーが工事費を負担する=ビルダー(設計士)側の責任なのは明白なので、「換気扇設置の料金は要りません」の一言は、わたしなら、カチンときます(笑)

そして、肝心の家が傷むと言うことについては、痛む度合いは、家によると思います。何でも、最初に施工した状態が一番良いわけですから、後からサイディングを剥がしたして貼り直した場合は、工法や職人さんの腕にもよりますが、当然、貼り直す前の方が良いわけです。

中の影響については、ものすごく心配する程の事ではないですが、折角の新築の一部をやり直すと言うのはまづ、施主の心情的によろしくない+何も手を入れないのに比べれば、ほんの少しであっても落ちると言う事です。

だから、やり直しが必要なミスが起きた場合は、やり直しをしてまでミスを補修したいのか、やり直しによる影響を考えてから決断する必要があります。

あと、やり直しをした場合は、ビルダーがまともなら、「材料はすべて新しい物を使う」のが当然です。でも、これは施主から要求しなければ、そのままになる可能性が高いと言う事も事実です。

値引きについては、わたしなら、換気扇設置料を引いてもらうか、やり直しした為の影響度にもよりますが(またはkakainaさんの不快度)、もしくは、値引きではなく、何かをサービスしてもらいます。

ただ、これも、ビルダーとの今までの関係にもよると思いますので、無理に値引きやサービスをねだって関係を悪くする結果になるようでしたら、得策とは言えません。

うちの事件については(再度書きますが、ビルダーの問題ではないです)まだ記事にしていないですが、結論から言うと、うちはやり直しはしませんでした。影響が大きすぎたので。

かなり長くなりましたが、お互いに良い家が建つと良いですね。
ストレスたまる事もありますが、頑張りましょうね♪

>食いしん坊ズさま
一度、こういう設置ミスがあったので、この後は気をつけて作業してくれるかな~とは思ってます^^
大丈夫かと心配しているのは私だけで、主人は気にしていないし、今は設置ミスが見つかった直後なので余計不安になってるだけだと思います。

確かに途中で手を加えると最初の状態よりはコンディションは低下しているでしょう。
一度抜いた釘穴が消える訳ではないですし、他の部材で見えなくなるだけで、はがした時に周囲に傷は付いていると思います。

直してくれるという事に安心して、新品の部材で作り直すのか聞くを忘れてました(^_^;)
まぁ、もう修理しちゃった後だし今更言っても遅いし、再度作り直しは避けたいので今回はこのまま進めてもらいますが、再度修正が発生したらちゃんと「新品の部材で!」とお願いします。

穴が開くくらい毎日図面を見ていたつもりですが、「お願いしたはずだから付いていて当然」だと思って見逃していたあの頃の自分を説教したい気分です。
LDKやお部屋ばかりに気を取られて、クローゼットだからと軽く流し見で大丈夫と思っていた自分の過信です。
思い込みと言うのは恐いですね。

あと2ヶ月程度なので、このまま間違いが無く現場が進んで欲しいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。